[centos-users 215] DHCPの解除方法について

睦月 mutsuki @ mf.point.ne.jp
2006年 4月 6日 (木) 20:21:19 JST


睦月と申します。

誠に情けない話なのですが、eth0 をコマンドラインで DHCP から 固定 IP に戻
す方法を調べています。

以下の方法をとりましたが、OS を再起動すると DHCP に戻ってしまい、ほとほ
と困り果てております。

<試したこと>
1. ifconfig にて IP を設定
  # ifconfig eth0 192.168.1.10 netmask 255.255.255.0

2. ifcfg-eth0 を編集し、eth0 を再起動
  /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 の以下のように変更
    BOOTPROTO=dhcp     → none

    以下の行を追加

    IPADDR=192.168.1.10
    NETMASK=255.255.255.0
    NETWORK=192.168.1.0

  eth0 を再起動
    # ifconfig eth0 down
    # ifconfig eth0 up


各作業ともに、IP を 変更できるのですが、OS を再起動すると DHCP にて前に
割り当てられた IP に戻ってしまう次第です。

どなたかお知恵をお借りできませんでしょうか。


-- 
睦月 <mutsuki @ mf.point.ne.jp>




centos-users メーリングリストの案内