[centos-users 233] Re: CentOS 4.2 でスワップ発生する。

Kenzi NOIKE noike @ kce.biglobe.ne.jp
2006年 4月 17日 (月) 18:59:39 JST


野池です.

From: solaris <solaris @ red-eyes.jp> at Mon, 17 Apr 2006 18:22:36 +0900
> 双方とも機種は "IBM eServer xSeries 306 (Pen4)" で、契約している
> 回線種類も同じです。
> 
> ※またインストールしているアプリ構成も同様で、稼働しているサービスも
>   同様となります。
> 
> 違いは、CentOSのバージョンとなります。下記をご参照いただくと、
> CentOS 4.1 の場合は特に問題なくメモリを正常に利用しているのですが、
> CentOS 4.2 になると、正常に利用されなくなります。


> ■CentOS 4.2の場合
> ---------------------------------------------------------------------------
> # free
>              total       used       free     shared    buffers     cached
> Mem:       1034092     325668     708424          0       3652     168208
> -/+ buffers/cache:     153808     880284
> Swap:            0          0          0
> ---------------------------------------------------------------------------

4.2 のほうは,swap off 状態ですね(^^;).
「稼動しているサービス」が不明なのですが,「CentOS 4.2 のときに,
swap off 状態で,全サービスの物理メモリの使用量を合計しても
330M 程度で済んでしまう」ように見えなくもありません... .
物理メモリを大量に確保していくサービスが稼動しているのでしょうか?
サービス稼動中の必要メモリの見積もりは,どのようになっていますか?

# うっかり忘れたのだと思いますが,CentOS 4.1 と比較するときには,
# swap on/off の状態を同じにしましょう.
# ただ,以前のご報告にあったとおりで,かわらないのだとは思います.

次に,CentOS 4.1 と 4.2 とで,実際に動作しているカーネルやサービスの
バージョンとメモリ管理のポリシー(設定)の違いを調べてください.
記憶が不確かなのですが,新しいカーネル実装になるほど,積極的にスワップを
使う方針(デフォルト設定)に移行していると思います.
つまり,物理メモリをなるべく空いている状態にし,積極的にスワップ上に
キャッシングする方針になっていると記憶しています.
私の記憶間違いで,Linux ではなく,*BSD のほうの話だったかもしれません.

最後に,どなたからか,「/proc/sys/vm の下を調整してみれば」とアドバイスが
あったような気がしますが,それらのパラメータの 4.1 と 4.2 との違いを
調べて,4.2 で期待する物理メモリ使用状態になるように調整してみてください.

> 上記を踏まえると、ハードディスクorネットワークの性能の限界と
> は考えにくいと思っています。

まったく同一のハードウェアをご用意されたようですので,ハードウェアに起因
する現象ではなさそうですね.
何に起因している現象なのか,興味深いです. 

-- 
//  Kenzi NOIKE



centos-users メーリングリストの案内