[centos-users 323] Re: RAID1のエラーについて

toshi@pad toshi @ pa-d.com
2007年 2月 17日 (土) 23:26:11 JST


toshi @ pad です。(一部:自己レスです。)


 toshi @ pad writes
>
> 外付けのHDD(インターフェース:USB2)を利用するかわりに、
> USB FLASHメモリ を利用
> (同じインターフェースだからできるだろうという甘い発想で。)
> して、RAID1を立ち上げました。
>
> 構成は
> CentOS4.4
>
> /dev/hda2 : 500M : fd Linux×raid 自動検出(マシン内蔵HDD)
> /dev/sda1 : 500M : fd Linux×raid 自動検出(FLASH)
> /dev/md0
> およそ、としました。
>
> この構成でぶじ立ち上がったのですが、
> ここでリブートすると、raid しません。
> FLASHメモリを 抜き差し をして
> (#mdadm --manage /dev/md0 -f /dev/sda1 として、)
>
> #dmesg
> をみると、
> 元、USB sda  だったものが、→ sdb に変更されていました。
>
> RAIDデバイスの初期化を
> #mdadm -C /dev/md0 -a -l 1 -n 2 /dev/sdb1 /dev/hda2
> としても初期化されません。

上記部分については
スペアーディスクを追加する要領で

#mdadm /dev/md0 -a /dev/sdb1
#cat /proc/mdstat

Personalities:[raid1]
md0:active raid1 sdb1[0] sda1[2](F) hda1[1]
      488448 blocks [2/2] [UU}

になっていました。
ただ、sda1[2](F) と障害の部分が残ったままです。
これを取り除く方法はないのでしょうか。

以下、については不明のままですので、
よろしくお願い致します。


> 回復させる為に、その後、いろいろググッてみましたが、適切なものが
> ありませんでした。
> が、Fedora掲示板で以下のものを見つけました。
> 上記のように sda → sdb と変わるのは、USB 利用時の特性に
> よるものなのか、以下内容の障害時における
> 挙動によるものなのか?
>
> また、以下にあるように、商用(社内)システムにはLinuxのSoftware RAIDを利用しては
> ならないのでしょうか。
> どなたか、ご教示下さい。





centos-users メーリングリストの案内