[centos-users 327] Re: RAID1のエラーについて

toshi@pad toshi @ pa-d.com
2007年 2月 19日 (月) 22:02:13 JST


toshi @ pad です。
平さん ありがとうございます。

今は実験的に中古のマシンにCentOSを入れて、
どうすればいいのか試している最中です。
最初に書くべきでした。
実際には、サーバーを2台用意して、1台はセカンダリー的な
バックアップサーバーをと思い描いています。
が、確認しておきたいことや不明な点があり、最終形まで、到達していません。

RAIDについては、ハードRAIDでいこうと
思っております。



> 平さんは書きました。
>
> もしもSoftware RAIDを行うくらいなら、おすすめは2個
> ディスクをそのまま使って、
> ローカルでrsyncする処理をcronに設定して定期的にファ
> イルを同期することです。
>


> x86系のLinuxサーバで商用システムを組む場合は、
> 以下のポイントに気をつけてRAIDカードを選んでください。
> ・ハードウェアレベルのRAID機能であること。
> ・ディスクの障害を検知する監視ソフトウェアがあること。
> ・不揮発キャッシュが搭載されていること。
> ・定期的にディスクの死活監視を行う機能があること。
>
> できれば、以下の点も満たせた方がいいです。
> ・ディスクのホットスワップが可能なこと
> ・ホットスワップ後に自動的にリビルドできること。
> ・ホットスペアディスクを設定できること。
>
> 具体的には、HP SmartArray、IBM ServeRAID、DELL
> PERCなどです。
> これらのRAIDカードにバッテリキャッシュオプションを付けると
> データの損失を最小限にできます。

ありがとうございます。
上記3つのRAIDカードを検討していこうと思います。

>
> 社内システムは社外に公開するシステムより重要です。
> 社内システムは人が乗り込んで来るので怖いですよ。

人が乗り込んでくるとはどのような場合を指しておられるのでしょうか。
担当者以外の人が、かってにマシンを操作したり、移動させたり
ということを想定されているのでしょうか。
ちょっと気になったものですから。




centos-users メーリングリストの案内