[centos-users 336] Re: 外付けUSBディスクのマウントについて

PFU Hiraishi t-hiraishi @ pfu.fujitsu.com
2007年 2月 21日 (水) 06:57:18 JST


こんにちは、平石(J♪)です。

On Tue, 20 Feb 2007 20:35:12 +0900
MAZDA <narum @ ba2.so-net.ne.jp> wrote:

> /data をファイルサーバーの共用部分として使用していましたが、crontabで
> 「data」内のバックアップを定期的に行うため、USBハードディスクを取り付け
> ました。
> 自動的に、/media/usbdisk/としてマウントされ、データのバックアップも行え
> るようになりましたが、数日後ファイルシステムの使用状況をみると、「/」の
> 使用率が100%になっておりました。
> どうやら、USBハードディスクを「/」と同じファイルシステムとして認識してい
> る様です。

 あてずっぽうですが、USBのディスクがマウントかかっていないたいミングで
データの退避コマンドが実行されたように思います。

 データ退避時に本当にマウントがかかっていたのかは、該当のUSBディスクを
他のシステムにつないで本当にデータが退避されているかを確認すれば簡単にわ
かると思います。

 マウントがかかっていない状態では、マウントポイントは通常のディレクトリ
として動作しますので、上記の通りルートファイルシステム上にデータを退避す
ることになります。

 再起動が可能であれば、一度USBディスクをつながない状態で立ち上げて、マ
ウントポイント内にファイルが無いかを確認したほうが良いかもしれません。

 何も無ければ、私の予想は大はずれですが。。。


                             −以上−

-- 
 J♪




centos-users メーリングリストの案内