[centos-users 348] Re: 外付けUSBディスクのマウントについて

Takeshi Kusune kusune @ sfc.wide.ad.jp
2007年 2月 24日 (土) 17:02:19 JST


SK wrote:
>>  ただ、マウントした装置内からプログラムを起動したり、動的ライブラリが存
>> 在する場合はPATHの関係やLD_LIB...の関係で適当はまずい場合もあるようです。
>>
>> #今もLD_LIBRARY_PATHって使ってるのかな?

普通に使いますよ。マルチユーザ環境なんかでは特に。

> /homeや/mnt /mediaなどは結構別パーティションに指定するケースが多いですし、
> 何よりこれらをマウントポイントにする場合、大体はデータディレクトリとなる
> ものですから、プログラム起動ということはあまり無いのでは?(んなこというと、
> PerlなどのCGIはどうなんだとかツッコミありそうですが、スルーパス推奨w)

CGIとかに限らず、
共通部分は管理者が管理し、各ユーザはユーザ権限の範囲で比較的自由に使ってよい、
みたいなポリシーだと /home の下に置くのが普通ではないかと思います。

というか、

> ちなみに過去にFHSの主要なパーティションをぺつべつにしてみた事があるんです
> が、問題なかったですね。NFSなど使う場合にはかなり注意をはらってポイントを
> 指定する必要性はありますが・・・・

元記事では
「実行イメージや動的ライブラリは PATH 指定が必要なので、
  どこでも適当に置けば動くっていうものじゃないよ」
位の話かと思ったんですが、そういうことではないのですか?

/usr 以下は別パーティションとか、思いっきり基本の構成な気がするんですが、
それができないなんて話は聞いたことないです。

--
Takeshi Kusune <kusune @ sfc.wide.ad.jp>



centos-users メーリングリストの案内