[centos-users 361] Re: ハードRAID の場合のLVMについて

於保和彦 kazuhiko-oho @ excite.co.jp
2007年 2月 28日 (水) 11:22:56 JST


浦島フォローになるか、於保と申します。某所でシステム管理やってます。

"toshi@pad" <toshi @ pa-d.com> wrote:
> toshi @ pad です。
> 
> この2・3日ググッてみましたが、見つかりませんでしたので
> 質問させてもらいます。
> RAIDをハードRAIDで組もうと思っていますが、その場合、
> LVMの利用は可能なのでしょうか。
> それは、一部分の保存領域の利用にかぎられるのか、
> または、ほとんどの領域でLVMで利用が出来、
> スナップショットなどの機能が使えるのか知りたいのです。

ベンダーおすすめの構成っつーことで、今管理しているディスクはdfとかするとこんなん出ます。パーティションの切り方は私の趣味ではありません(笑)

[root @ hogege-1 ~]$ df; fdisk -l
Filesystem           1K-blocks      Used Available Use% Mounted on
/dev/cciss/c0d0p3     10325780   2689948   7111312  28% /
/dev/cciss/c0d0p1       155555     22570    124953  16% /boot
/dev/cciss/c0d0p9    103216920    464248  97509460   1% /data
none                   4082924         0   4082924   0% /dev/shm
/dev/cciss/c0d0p10   122975508  39134292  77594344  34% /home
/dev/cciss/c0d0p8      5162796    228348   4672192   5% /opt
/dev/cciss/c0d0p7      5162796     46460   4854080   1% /tmp
/dev/cciss/c0d0p5     10325748   3372944   6428284  35% /usr
/dev/cciss/c0d0p6      8262036    418692   7423648   6% /var
/dev/mapper/vg00-lvol1
                     8455141284 2323533608 6045708536  28% /usr/local/db

Disk /dev/cciss/c0d0: 293.4 GB, 293496628224 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 35682 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes

           Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/cciss/c0d0p1   *        2091        2110      160650   83  Linux
/dev/cciss/c0d0p2               1        2090    16787893+  82  Linux swap
/dev/cciss/c0d0p3            2111        3416    10490445   83  Linux
/dev/cciss/c0d0p4            3417       35682   259176645    5  Extended
/dev/cciss/c0d0p5            3417        4722    10490413+  83  Linux
/dev/cciss/c0d0p6            4723        5767     8393931   83  Linux
/dev/cciss/c0d0p7            5768        6420     5245191   83  Linux
/dev/cciss/c0d0p8            6421        7073     5245191   83  Linux
/dev/cciss/c0d0p9            7074       20128   104864256   83  Linux
/dev/cciss/c0d0p10          20129       35682   124937473+  83  Linux


Disk /dev/sda: 1198.6 GB, 1198685945856 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 145731 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes

   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sda1               1      145731  1170584226   83  Linux

Disk /dev/sdb: 1198.6 GB, 1198685945856 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 145731 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes

   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sdb1               1      145731  1170584226   83  Linux

Disk /dev/sdc: 1198.6 GB, 1198685945856 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 145731 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes

   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sdc1               1      145731  1170584226   83  Linux

Disk /dev/sdd: 1198.6 GB, 1198685945856 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 145731 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes

   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sdd1               1      145731  1170584226   83  Linux

Disk /dev/sde: 1198.6 GB, 1198685945856 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 145731 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes

   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sde1               1      145731  1170584226   83  Linux

Disk /dev/sdf: 1198.6 GB, 1198685945856 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 145731 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes

   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sdf1               1      145731  1170584226   83  Linux

Disk /dev/sdg: 1198.6 GB, 1198685945856 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 145731 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes

   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sdg1               1      145731  1170584226   83  Linux

Disk /dev/sdh: 1198.6 GB, 1198685945856 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 145731 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes

   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sdh1               1      145731  1170584226   83  Linux

上で/dev/cciss/ほげ、が本体内のRAIDカードによるもの。
/dev/sd?がファイバーチャネル接続による外付けのRAID箱のディスク
になります。JBODではなく、マジRAIDです。

 > 理屈上は可能だと思うのですが、それに対する
> 明確な記述がありませんでした。
> 自明の理で記述するほどのことでないのかもしれませんけど。

 つーことで、実現出来ます。つか出来ないと当方、商売あがったりになります。

> ハードRAIDをコントローラカード方式かディスクアレイユニット方式の
> どちらにするかは今から調べようと思っていますが、
> それのどちらについても、LVMは利用できますでしょうか。
> 以上、どなたかご教示下さい。

双方とくに問題はないと思います。hp proliantシリーズみたいに自分で内蔵出来る
ようなシステムならば、コントローラーカード、めちゃくちゃでかい容量が必要なら
ファイバーチャネル接続による外付け箱がよいのではないでしょうか。

但し、どちらの構成の場合にも言えることですが、カーネルがエラーを吐かないような微妙なエラー発生時にどうやって知らせるかという問題があります。(LVM自体にはなんの故障も表面上現れないのだが、LVMを構成する物理ディスクが中途半端にコケてしまった場合等)。RHELはhpが正式に対応しているので(http://h50146.www5.hp.com/products/software/oe/linux/mainstream/product/software/psp/index.html?jumpid=reg_R1002_JPJA)、ハードウェアにかなり依存した管理プログラムみたいなのが供給されてます。RAID箱に付属でLinuxで動くような管理ソフトがあればいいのですが、CentOSの場合はまぁほぼノンサポート(/etc/issueを弄ればインストール出来ないことはないが、お勧めしません)、年柄年中筐体全面のLEDとカーネルのメッセージを丹念にチェックする、という様な作業が必要になります。



centos-users メーリングリストの案内