[centos-users 293] Re: インストール方法について

KIKUCHI Junichi maxi @ shironeko.org
2007年 1月 13日 (土) 13:55:17 JST


菊池@越谷と申します。

# 乗り遅れました(^^;

On Sat, 13 Jan 2007 08:53:15 +0900
toshitsugu HIRASAWA <toshitsugu_hirasawa @ ybb.ne.jp> wrote:

> というわけでCrusoe CPUのはなしはこれでおしまい。

おしまいなところ、申し訳ありません。
今更ですが、一応動作報告しておきます。

去年の5月頃だったかと思いますが、Crusoe TM5600(600MHz)なノート、
HITACHI Flora 220TX NP4 メモリ 192MB max 搭載に CentOS 4.2 あたりを
インストールして試したことがあります。

インストールで特に問題はなかったです。
ビデオチップは Trident Cyber 9525 で、X も問題なく起動しました。

ただ、とてつもなく重かったです。
OS の起動・終了もかなり時間がかかりましたし、Gnome も重くて
ちょっと実用にはできないなあ、というのが感想でした。

# 現在 Linux が入っていた領域は空っぽになってます(^^;


> 初心者向けのHWの話にもどりますと、
> 私、仕事がら、CentOSをいろいろなデスクトップをインストールしてきましたが、
> SATAとかExpressPCI(って名前でしたっか?)なんかのあたらしめの技術の
> MBを避ければ、どれでもOKのような気がします。
> あんまり古すぎでもだめだろうから、数年前のMBを選べばOK?

カーネルとコントローラチップよるとは思いますが、普通に SATA は認識するんじゃ
ないかな、と思います。
Vine-3.2 の話で恐縮ですが、自宅サーバに使っている ASUS A7N8X Deluxe に搭載
されている SiliconImage Sil3112 は特に何もせずに認識しました。
現在は CentOS 4.4 で稼働しています。
ただこいつはまだ SATA 環境に移行してはいません。

PCI-Express については、該当マシンに Linux をインストールしたことがないので
何とも言えませんが、Accelerated Knoppix 1.0 を動かした記憶がかすかに…
X は問題なく起動しました。
VGA は確か Radeon X800GTO、ドライバは radeon だったような…
マザーは Asrock 939Dual-SATA2 です(チップセットは ULi M1695)。
オンボードの LAN(ULi)が動作しませんでした。

-- 
菊池順一




centos-users メーリングリストの案内