[centos-users 382] RAID構成とタイプのことなるHDDの利用法は

toshi toshi @ pa-d.com
2007年 3月 20日 (火) 17:51:29 JST


toshi @ pad と申します。
皆様には いつも助けていただき感謝しております。
コストと機能の面で悩んだ結果、2種類のHDD構成
でいくつもりです。(当初予算でいけそうなので。)
大事なデータは高価なHDD(A)を利用、かつハードRAID5構成に
します。postgerqlのデータをいれるつもりです。
そうでないものは
安価なHDD(B)で、ハードRAID1の構成での利用を考えています。
また、基本的にはCentOSにある、ファイルシステム LVMを利用するつもりでいます。

方法はまず、ハードRAID1構成でBをさした状態で、パーティションを自動作成します。
次に、ハードRAID5構成で、Aを増設し、上記Bとは異なる論理ボリュームLV(A)を 

ふって切り分ける。
postgerqlのデータは /var 配下に作成されるので、/var ディレクトリを
LV(A)に引越しをする。
この場合、ディレクトリを後で移動しますが、ちゃんと認識してくれるので
しょうか。(理屈上認識するとおもうのですが。)

HP社のマシンを利用して、アレイ構成したいのですが、
RAID構成がことなるため、別アレイグループにする必要があるようです。
別アレイグループとはどのようにすればいいのでしょうか。
コントローラーは
Smart アレイE200i コントローラで、オプションつけて
RAID5が利用できるようにします。

上記ファイルシステムの方法も含めて、詳しい方々ご教示下さい。
また、参考になるサイト等ありましたら、ご教示下さい。






centos-users メーリングリストの案内