[centos-users 383] Re: RAID構成とタイプのことなるHDDの利用法は

Yutaka Doumae doumae @ joy.ocn.ne.jp
2007年 3月 20日 (火) 18:12:01 JST


堂前です

toshi @ pad さん wrote:

> postgerqlのデータは /var 配下に作成されるので、/var ディレクトリを
> LV(A)に引越しをする。

pgsqlをパッケージでinstallしたことがないので自分の経験から
/etc/rc.d/init.d/postgres(かな)のPGDATA=/path/to/pgsql/data
がデータファイルです
#これを書き換えないとNGだと思います

パッケージでinstallされるデータを削除して
initdb --pgdata=/path/to/pgsql/data --locale=locale で再作成した
方がいいと思います
 user postgres の login shell に export PGDATA=/path/to/pgsql/data を
設定した方がいいかもです
その場合 --pgdata=/path/to/pgsql/data は不要です

一度シーラカンス本とかで確認された方がいいと思いますよ
自分は以下を .bash_profile に追加した後 src から make しています
#もちろん user postgres のみにです
export POSTGRES_HOME=/usr/local/pgsql
export PGLIB=$POSTGRES_HOME/lib
export PGDATA=/path/to/pgsql/data
export MANPATH="$MANPATH":$POSTGRES_HOME/man
export LD_LIBRARY_PATH="$LD_LIBRARY_PATH":"$PGLIB"
export PATH=$PATH:${POSTGRES_HOME}/bin


-- 

doumae @ joy.ocn.ne.jp




centos-users メーリングリストの案内