[centos-users 606] Re: webcam でストリーミングに適したアプリケーション

Matsuo Akihiro matsuo @ dwango.co.jp
2007年 11月 30日 (金) 18:52:47 JST



その後の自己レスです。

動画を表示することはできました。
が、web に出力するまでにはまだ至っていません

v4l からカメラにアクセスできてないのが ffmpeg が起動できない原因ではない
かと思ってます。


> luvcview 0.2.1 (実行時にエラー) 
>  # luvcview -d /dev/video0
>  Couldn't initialize SDL: No available video device

XWindowSystem 上から実行することで動画を表示することができました。
ただし、8色(4bit)しか色が出ていない。

camstream を実行した後だと、256色(8bit)出ている感じがする
(明らかに色彩が増す)


> # camstream 0.27

起動可能、ただし画面が真っ黒
カメラデバイスの選択で、uvccam を選べる。(認識している)
だが画面サイズ等を変更をしようとするとアプリケーションがフリーズする。


> # webcam 
reading config file: /root/.webcamrc
video4linux webcam v1.5 - (c) 1998-2002 Gerd Knorr
grabber config:
  size 320x240 [16 bit YUV 4:2:2 (packed, YUYV)]
  input (null), norm (null), jpeg quality 75
  rotate=0, top=0, left=0, bottom=240, right=320
ioctl: VIDIOC_DQBUF(index=0;type=VIDEO_CAPTURE;bytesused=0;flags=0x0 [];field=ANY;;timecode.type=0;timecode.flags=0;timecode.frames=0;timecode.seconds=0;tim
ecode.minutes=0;timecode.hours=0;timecode.userbits="";sequence=0;memory=unknown): Invalid argument
capturing image failed


> # v4l-conf -c /dev/video0
ioctl VT_GETSTATE: Invalid argument


> # v4l-info 
### v4l2 device info [/dev/video0] ###
general info
    VIDIOC_QUERYCAP
        driver                  : "uvcvideo"
        card                    : "UVC Camera (046d:0990)"
        bus_info                : "0000:00:1d.7"
        version                 : 0.1.0
        capabilities            : 0x4000001 [VIDEO_CAPTURE,STREAMING]
〜 割愛 〜


> ffmpeg 
-vd オプションが使える古いバージョンのソースを取ってこようと考え中



―[ Dwango ]―――――――――――――――――――――――
/株式会社ドワンゴ/研究開発本部/技術支援セクション/\
松尾壮紘 - Mail : matsuo @ dwango.co.jp
―――――――――――――――――――――――――――――




On Wed, 28 Nov 2007 19:23:34 +0900
Matsuo Akihiro <matsuo @ dwango.co.jp> wrote:

> こんばんは、松尾壮紘@どわんごです
> 
> 
> centos 上に webcam でストリーミング環境を作ろうとしています。
> ストリーミングキャスト(ライブ)環境を作るのにオススメのアプリケーションは
> ありませんか?
> 条件として html 上に貼り付けられる形での出力を望んでいます。
> 
> いま環境構築しているのですが、
> 動作させることができず詰まってしまったので、
> 解決法などありましたらお聞かせください。
> 
> 
> 環境
> -----------------------------------------------------
> OS : CentOS 5
> Cam: Logicool Qcam Pro 9000
> Driver: svn://svn.berlios.de/linux-uvc/linux-uvc から落としてきたものを
> オプション無しでコンパイル
> 
> 
> 試してみたアプリケーション
> -----------------------------------------------------
> uvccapture (静止画の撮影に成功)
>  # uvccapture -v 
>  Using videodevice: /dev/video0
> 
> ffmpeg SVN-r11056 (入力デバイスの指定がないと言われる)
>  # ffmpeg /tmp/out.mpg 
>  Must supply at least one input file
>  # ffmpeg -vd /dev/video0 /tmp/out.mpg
>  ffmpeg: unrecognized option '-vd'
> 
> luvcview 0.2.1 (実行時にエラー) 
>  # luvcview -d /dev/video0
>  Couldn't initialize SDL: No available video device
> 
> camstream 0.27 (作業中)
>  コンパイル時に Qt-multithread を要求されたので、
>  qt-x11-opensource-src-4.3.2 をコンパイル中
>  (ソースが43Mあったので数時間コース)
> -----------------------------------------------------
> 
> uvccapture で静止画札絵いできたので uvc のドライバーは入っている(と思う)
> カメラデバイスは /dev/video0 で動いている (と思う)
> ffmpeg のデバイス指定のオプションが変わってしまったようだ
> luvcview から /dev/video0 が利用できないのはなんでだろう?
> 
> 
> ―[ Dwango ]―――――――――――――――――――――――
> /株式会社ドワンゴ/研究開発本部/技術支援セクション/\
> 松尾壮紘 - Mail : matsuo @ dwango.co.jp
> ―――――――――――――――――――――――――――――
> 
> 
> _______________________________________________
> centos-users mailing list
> centos-users @ oss.poyo.jp
> http://oss.poyo.jp/mailman/listinfo/centos-users
> 
> 






centos-users メーリングリストの案内