[centos-users 950] Re: 【LVM】ディスク追加での失敗につきまして

JIRO TERAKAWA tera @ tera-tech.com
2008年 12月 30日 (火) 12:45:13 JST


こんにちわ、てらかわと申します。

2008/12/29 22:35 Takashi Kawakami <black-bird @ nexyzbb.ne.jp>:
> 【失敗の手順】
> 1:HDD の増設
> 2:Fdisk にて、設定を行う。
> fdisk /dev/sda にて、プライマリパーティション作成&パーティションLVM(8e)を指定。
> 3:fdisk の w キーにてパーティション書き込みをした後再起動を行う。
> 4:再起動の後、pvcreate /dev/sda1 を行い、PV を作成。
> 5:既存のボリュームグループの確認:vgscan の実行&確認。
> 6:vgextend VolumeGloup00 /dev/sda1 を行い、追加を行う。
> 7:df -h コマンドにて、確認をすると 総容量が 1.8T(Sata 1TB x2台分)しか表示されない。
> 8:Webmin のディスク管理項目から見ると、総容量は 2.7TB と記載があった。
> 9:フォーマットしていないと思い、mkfs.ext3 /dev/sda1 を実行。

6の後に resize2fs とか ext2online などのコマンドで
ファイルシステムを拡張してやる必要があったのだと思います。

> 自力ではどうしようもできず途方にくれております。
> また、長年大事にしてきたデータが1.3TBほどあります。

今回の場合も適用可能かどうかわかりませんが、"LVM 救出" で検索すると
幾つか似たような状況での対応例が見つかるようです。

-てらかわ



centos-users メーリングリストの案内