[centos-users 951] Re: 【LVM】ディスク追加での失敗につきまして

Takashi Kawakami black-bird @ nexyzbb.ne.jp
2008年 12月 31日 (水) 17:34:02 JST


はまもと 様
てらかわ 様

川上です

年末のお忙しい中失礼いたします。
解決に至ることができましたのでご連絡いたします。

てらかわ さんの仰るとおり、”LVM救出”
で事例を検索してみたところ、
vgreduce コマンドのオプションで、-removemissing
がありましたので、こちらを利用して追加に失敗したディスクを
はずすことで無事に再起動することができました。
データはすべて無事でありました。非常に助かりました。

経緯といたしましては、
1:Centos CD イメージの一枚目を ftp.riken.jp よりダウンロード
2:リムーバブルHDDを用いて、起動ディスクを作成(syslinuxツールを作成)
3:linux resucue モードにて起動(skip を押してHDDの "/" パーティションはマウントしない)
4:lvm + 各種コマンド(vbscan/pvdisplay)により状態把握 → vg 登録に失敗が確認。
5:lvm vgreduce -removemissing により、追加に失敗をした分を削除。
6:vgscan を確認するときちんとはずされていることを確認。
7:再起動の後、正常動作することを確認。
を行うことにより、失敗以前の状態に戻すことができました。

また、後にGUIである、system-config-lvm にて追加ディスクの
設定を最初から行うことで事なきを得ることができました。
また、PV も、VG も各コマンド(pvdisplay / vgscan)にて
正常に表示されていることを確認いたしました。

今後は、不十分な知識の下で作業を行うのではなく
十分な理解と技術を身につけてから作業を行おう事にいたします。


本当にありがとうございました。
失礼いたします。


----- Original Message ----- 
From: "JIRO TERAKAWA" <tera @ tera-tech.com>
To: <centos-users @ oss.poyo.jp>
Sent: Tuesday, December 30, 2008 12:45 PM
Subject: [centos-users 950] Re:【LVM】ディスク追加での失敗につきまして


> こんにちわ、てらかわと申します。
>
> 2008/12/29 22:35 Takashi Kawakami <black-bird @ nexyzbb.ne.jp>:
>> 【失敗の手順】
>> 1:HDD の増設
>> 2:Fdisk にて、設定を行う。
>> fdisk /dev/sda にて、プライマリパーティション作成&パーティションLVM(8e)を指定。
>> 3:fdisk の w キーにてパーティション書き込みをした後再起動を行う。
>> 4:再起動の後、pvcreate /dev/sda1 を行い、PV を作成。
>> 5:既存のボリュームグループの確認:vgscan の実行&確認。
>> 6:vgextend VolumeGloup00 /dev/sda1 を行い、追加を行う。
>> 7:df -h コマンドにて、確認をすると 総容量が 1.8T(Sata 1TB x2台分)しか表示されない。
>> 8:Webmin のディスク管理項目から見ると、総容量は 2.7TB と記載があった。
>> 9:フォーマットしていないと思い、mkfs.ext3 /dev/sda1 を実行。
>
> 6の後に resize2fs とか ext2online などのコマンドで
> ファイルシステムを拡張してやる必要があったのだと思います。
>
>> 自力ではどうしようもできず途方にくれております。
>> また、長年大事にしてきたデータが1.3TBほどあります。
>
> 今回の場合も適用可能かどうかわかりませんが、"LVM 救出" で検索すると
> 幾つか似たような状況での対応例が見つかるようです。
>
> -てらかわ
> _______________________________________________
> centos-users mailing list
> centos-users @ oss.poyo.jp
> http://oss.poyo.jp/mailman/listinfo/centos-users




centos-users メーリングリストの案内