[centos-users 645] Re: ftpスクリプトについて

Toshio HORI t.hori @ aist.go.jp
2008年 1月 18日 (金) 15:23:35 JST


以下、引用の順番は入れ替えてます。

In article <002801c85976$858d6bb0$6464a8c0 @ NTD>,
	"hiro" <164 @ saishin.jp> writes:
> 以下、CentOS5.1のgeditで編集し直して保存すると[SHIFT-JIS]になって保存
> されましたので[UTF-8]で保存しました
	:
> windowsのメモ帳で作成したものをftpで送って使用したのが間違いの元だっ
> たようですが、本来エンコーディング ロケールは何で作成するのが望ましい
> のでしょうか?

このスクリプトは日本語を含まないので、ファイルの文字コードは何でもいい
と思います。改行文字はCRLFではなくLFにする必要がありますが。

> 今度は、logファイルも正常に出来てmgetも正常に出来ましたが、最後の「echo 
> `date` mget end >>$LOG
> 」がlogに入りませんでした。
> GNOME 端末で実行すると全て順調に出来ます

こんな感じではダメですかね?

----->8----->8----->8----->8----->8----->8----->8----->8----->8-----
#!/bin/sh
LOGDIR=/backup
LOG=$LOGDIR/backupdump.log

# すべての出力を $LOG に切り替える
exec >>$LOG 2>&1

echo `date` mget start

/usr/bin/lftp << __EOD__
open 192.168.100.100
user tocyan 654321
binary
lcd /backup/dump
cd /_sai/dump
mget '*.txt'
bye
__EOD__
echo `date` mget end
----->8----->8----->8----->8----->8----->8----->8----->8----->8-----

# いま気付いたけど、テキストファイル(拡張子が "txt")を転送するのに何で
# binary(バイナリ転送モード)に切り替えてるんでしょう?

もし目的が「/_sai/dumpの中身をすべて/backup/dumpに持ってきたい」という
ことであれば

----->8----->8----->8----->8----->8----->8----->8----->8----->8-----
#!/bin/sh
LOGDIR=/backup
LOG=$LOGDIR/backupdump.log

exec >>$LOG 2>&1

echo `date` mget start
/usr/bin/lftp << __EOD__
open 192.168.100.100
user tocyan 654321
mirror /_sai/dump/ /backup/dump
bye
__EOD__
echo `date` mget end
----->8----->8----->8----->8----->8----->8----->8----->8----->8-----

でいいと思います。

---ほり。

> #!/bin/sh
> # log setting
> LOGDIR=/backup
> LOG=$LOGDIR/backupdump.log
> echo `date` mget start >>$LOG
> #ftp connect
> ftp -n 192.168.100.100 << _EOD
> user tocyan 654321
> passive
> binary
> #local Holder
> lcd /backup/dump
> #Host Holder
> cd /_sai/dump
> #download start
> mget *.txt
> bye
> _EOD
> echo `date` mget end >>$LOG 
> 
> _______________________________________________
> centos-users mailing list
> centos-users @ oss.poyo.jp
> http://oss.poyo.jp/mailman/listinfo/centos-users
> 



centos-users メーリングリストの案内