[centos-users 1108] Re: CentOS5.2でのNASマウントについて。

Akemi Yagi amyagi @ gmail.com
2009年 3月 22日 (日) 14:31:41 JST


矢木です。

2009/3/21  <mmiyanmoto @ kcd.biglobe.ne.jp>:
> 宮本@大阪府と申します。何時もお世話になります。
>
> 標題の件についてご教示頂きたいと存じます。
>
> 環境は
> OS:CentOS 5.2 NAS:Logitec LSV-5S 2000(Windows Storage Serve)
> です。
>
> NAS共有ディレクトリィに対してCentOSからmountするのですが
> mountする度に属性が変わってしまいます。
>
> [root@ pub]# ls -al
> 合計 8
> drwxrwxrwx  1 root root    0  3月 21 00:09 .
> drwxr-xr-x 25 root root 4096  3月 22 10:16 ..
> drwxrwx---  1 root root    0  3月 22 11:28 cad
> ですが
> mountすると
> [root@ pub]# ls -al
> 合計 8
> drwxrwxrwx  1 root root    0  3月 21 00:09 .
> drwxr-xr-x 25 root root 4096  3月 22 10:16 ..
> drwxrwxrwx  1 root root    0  3月 22 11:28 cad
> と属性が777と変わってしまいます。
>
> mount方法は
> mount -t cifs -o user=*****,password=***** //192.168.1.11/pub /pub
> としています。
>
> この原因は何なのでしょうか?
> ご教示の程お願い申し上げます。

 mountがread-writeのオプションで行われているためです。
仮にroを使ってmountしてみると違った属性になるのがわかると
思います。

なお、autofsやcredentialsファイルを使用されることをお薦めします。
詳しくはこちら

http://wiki.centos.org/TipsAndTricks/WindowsShares

をご覧ください。



centos-users メーリングリストの案内