[centos-users 1411] Re: 仮想環境について

HOTTA Michihide hotta @ net-newbie.com
2010年 7月 22日 (木) 22:36:12 JST


堀田@長崎市です。

2010年7月22日19:21 藤森富士夫 <f-fujimori @ fujimori-pro.gr.jp>:
> ●仮想側にインストールされた OS に対して Yum は普通に行って良いものか?
> → 仮想 OS 側に ssh でログインして yum -y update などと,乱暴に扱って
> も良いのか?

仮想化は単にハードウェア部分を擬似的にソフトウェアで実現しているだけ
なので、OSが動き出してしまえば実機と何も変わりません。もちろん
yum update で管理しないといけないのも同じです。

ちなみに、長年使っていた自宅サーバを、最近 http://serversman.com/
という VPS サービスに変えました。8月末までは無料ですのでお試しになっ
てみるのもよいかと思います。これも仮想環境を使っており、VM 上の OS
は CentOS 5.5 です。電気代がかからなくなっただけでも助かっています。

クラウド環境を使っていると、特に最初の頃は管理をミスって「接続できなく
なった」「OSが起動しなくなった」みたいなことが当然起こりうるわけですが、
別の Web UIから VM の初期化(CentOSインストール直後の状態に戻す)
が行えるなどの機能があります。
-- 
HOTTA Michihide <hotta @ net-newbie.com>


centos-users メーリングリストの案内