[centos-users 1507] 私は危険なことをやっている気がしました。

高橋耕造 office.kouwa @ gmail.com
2011年 2月 26日 (土) 22:33:38 JST


いつも教えてくださりありがとうござます。

私がM/Lに投稿すると、「daemon何とか」からすぐに返事が来ることがあります。

「送られていない。」と思い、送り直したりしていました。

多分、私の質問内容が謂わば「サーバ・ジャック」に会う危険性があるからだと感じました。

意図しない犯罪を犯してしまうかも知れなかったです。

数時間前に送ったメールが届いていないことを祈っています。

もう割愛しながら質問せざるをえません。

お蔭様で某社(とします。)からプライマリIPアドレスとセカンダリIPアドレスをいただきました。

次はルータの設定に入っていいと判断しました。

NTTさんいわく

下記URLにて設定するとのことでした。

と行ったのですがここで割愛しないといけないでしょう。

「静的NAT設定」を終えて、これが間違っていないか
確認したいのですがそれはできません。

それ以外の「基本設定」や 「静的マスカレード設定」「DNS設定」などがあります。

それらの設定方法や「apache2」はどこで使うのかをお聞きしました。

でも考えてみると、それは色んな意味で危ない気が致します。

具体的に書いているから危ないです。

チョットやり方を変えます。

M/Lの方を頼り過ぎた観があります。

大丈夫な程度、教えて頂ければ助かります。

検索したり、本を見たり電話したりで構築を続行致します。

「静的NAT設定」やプライマリIPアドレス・セカンダリIPアドレスを
$ifconfigの内容をオープンにして質問しています。

危な過ぎます。

某社の方から色々と教わりました。

よく理解したつもりでしたが、キチント頭が整理されていませんでした。

今後は某社の方をメインに助けてもらおうと思っています。
それも極力、自力でやるしかないですね。

メールは残りますから危な過ぎます。

2度オープンにした内容が変更になっているから少し安心しています。

M/Lで質問するならば、危険性を解った上で質問致します。

その時まで失礼致します。

ルータ設定は時間があれば教えて頂ければ助かります。

今までありがとうございました。

また復帰致します。


高橋耕造
-------------- next part --------------
HTMLの添付ファイルを保管しました...
URL: <http://oss.poyo.jp/pipermail/centos-users/attachments/20110226/35def796/attachment.html>


centos-users メーリングリストの案内