[centos-users 1651] CentOS6.2とCentOS6.5でdracutに違いがあるのでしょうか?

yoshi.plala ilovefd @ topaz.plala.or.jp
2014年 10月 8日 (水) 11:14:50 JST


はじめまして。
西村正男と申します。
困っています。お知恵を拝借できませんでしょうか?

dracutのバグでしょうか?

先月までCentOS6.2で運転していた(2年くらい)PXEサーバのディスクがクラッ 
シュしてこけました。

また入れ直そうと、2年前と同様に

http://www.server-world.info/query?os=CentOS_6&p=pxe&f=1

をみて、今度はCentOS6.5でやりました。

2年前と同じようにやったつもりなのですが、ディスクレスクライアントを立ち 
上げようとすると

loading: centos6/vmlinuz-2.6.32-431.29.2.el6.x86_64 .......
Could not find ramdisk image:  centos6/initramfs- 
2.6.32-431.29.2.el6.x86_64.img
boot:

となって止まってしまいます。 もちろんvmlinuz。。もinitramfs..も 指定の 
場所にありinitramfs..の中身に付いてはlsinitrdで確認しました。

pxelinux.cfg/defaultは

default centos6

label centos6
     kernel    centos6/vmlinuz-2.6.32-431.29.2el6.x86_64
     append initrd=centos6/initramfs-2.6.32-431.29.2.el6.x86_64.img 
root=nfs:192.168.50.254:/var/lib/tftpboot/centos6/root rw selinux=0

で問題ないと思うのですが。。

ちなみに、ubuntu14.04のライブDVDのPXEブートは

http://d.hatena.ne.jp/adsaria/20090206

をみて設定しうまく立ち上がったのでtftpやdhcpの設定は問題ないのではないか 
と思います。

クラスタ計算機として使っていたので、同じような経験をお持ちの方御教授願え 
れば幸です。 





centos-users メーリングリストの案内